漸近龍吟録

反便利、反インターネット的

ビットコイン誕生10年

f:id:rjutaip:20181031235503j:plain

 ビットコインの誕生日は1月3日だが、アイデアの誕生日は今日10月31日だ。
 
 ナカモトサトシが短い論文『Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System』を発表した日。その日から今日で10年。
 
 ナカモトサトシは、この小さな論文を書いたときに、10年後の今を想像していただろうか。
 
 デビッド・ショームやニック・サボーらの先行研究があったとは言え、「新しいお金をつくる」なんて考えもしなかった。私が「新しくお金をつくる」と聞いたら偽札でもつくるのかと思うだろう。
 
 先行研究のいくつかのアイデアを借りており、ナカモトサトシの完全オリジナルなアイデアではないかもしれないが、ビットコインはその後いくつかの幸運にも恵まれ、世界へ普及して行った。
 
 日本でビットコインが爆発的に知名度が広がったのは2017年のことであり、最初の論文が書かれてから9年も経ってからのことだった。私も最初の4年間くらいはビットコインのビの字も知らず、ラースロー・ハネツがピザを買ったのはもちろんのこと、シルクロード事件なども全然知らなかった。初めて「ビットコイン」という言葉を聞いたのはMt.Gox事件の時だった。それからビットコインについて学んだ。
 
 ビットコインは賛否の両論を聞くが、私はビットコインには期待をしている。2017年という年はビットコインにとっては不幸な一年だったが、私はビットコインに世界中で使える通貨になってもらいたいと思っている。投資の対象ではなく。
 
 10年後、ビットコインが20歳の誕生日を迎えるまでにはビットコインが通貨として当たり前に使われている時代が来るだろうか。
 
 
【関連記事】

電子書籍? 紙の本?

f:id:rjutaip:20181030224041j:plain

 
 こんな記事を読んだ。
 
 
 紙の本の方がいいのか、電子書籍の方がいいのか、という古くから言われている問題がある。
 
 私はどちらでもいいと思う。「紙の本でなければ駄目だ」と言うような人はいるのだろうか?ほとんどの人は「どっちでもいい」と思っているのではないか。皆、紙の本も電子書籍もどちらも読むだろう。電子書籍は読まないという人でも、PCやスマホで文章を読むくらいのことはしているだろう。
 
 子どもの教育上どちらがいいか、という話に限っても、やはりどちらでもいいと思う。
 
 紙の本には紙の本の良さがある。それは多くの人が指摘しているように、例えば、親の本棚にある本がぱっと目に入って読んでみる、といったような経験ができるところとか。
 
 一方、電子書籍には電子書籍の良いところがある。場所を取らない、整理しやすい、検索しやすい、といったところなど。
 
 「紙の本をなくして、すべて電子書籍にすべきだ」と言う人もいるが、私はそうは思わない。紙の本はあっていい。
 
 学校の教科書は現状では紙がいいだろう。電子教科書にするメリットが今のところあまり無い。デバイスがもっと洗練されていったら、その時は必然的に「電子」になるだろう。その頃の子どもはもう「紙」か「電子」かを意識しないようになるだろう。
 
 因みに私は、紙の本も電子書籍もどちらも買わない。
 
 本は図書館などで読むことが多いが、願わくはもっとデジタルで借りられる(閲覧できる)本が増えてほしい、という思いはある。私が紙で読むことが多いのは、紙の本が好きというよりも、紙でしか読めない本が多すぎるという現状により仕方なくそうしている感じだ。
 
 良い本を読むこと、良い本に出合うことが大事であって、その形態が紙であるか電子であるかはどちらでもよいと思う。ただ、出合えないのは困るので、今、紙でしか出合えない本については電子版も用意するのが望ましいと思う。
 

安田純平氏批判に感じる二つのおかしさ

f:id:rjutaip:20181027164025j:plain

 人質として捕らわれていたジャーナリストの安田純平氏が解放されてから、またぞろ日本国内で「自己責任」バッシングの声をよく聞く。10年以上前に日本国内で吹き荒れた「自己責任論」が再び跋扈している。

 
 そのバッシングに二つのおかしさを感じる。
 
 一つは、自己責任論者に向かって「自己責任だろ!」と言っているおかしさ。
 
 報道を見ているかぎり、安田氏は渡航前も人質として捕らわれてからも、そして釈放されてからも、一貫して「自己責任」という考えを持っているように見える。そんな自己責任論者に向かって「自己責任だろ!」と言っても、「そうだよ?」という答えしか返ってこないのではないか。自己責任論者に向かって「自己責任だろ!」と言ってどうする。
 
 二つ目は、「私たちの税金が!」と言っているおかしさ。
 
 「迷惑だ」と。なぜなら「私たちの税金が使われているのだから」という声をたくさん目にした。裏でどんなことがあったか、水面下でどのような交渉が行われたかまでは私は知らないが、報道(解放へ「カタールが身代金3億円」…監視団体 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) によれば、カタール政府が身代金を支払ったとか。カタール国民が「私たちの税金が使われて迷惑!」と言うのなら話はわかるが、身代金を払ったのとは別の国民(日本国民)が「私たちの税金が!」と言うのはいったいどういうことなのか。
 
 こういうおかしさを誰もなんとも思わないのだろうか。批判したいならせめてもっと当人の心に当たる批判をすべきであって、自己責任論者に向かって「自己責任だろ!」という頓珍漢な批判は呆れを通り越して滑稽である。
 

自治体ポイントがマイナンバーと紐付く?

f:id:rjutaip:20181025104540p:plain

 昨日(2018年10月24日)、日経新聞で驚くべき記事を目にした。
 
(※リンク先は登録制記事)
 
 記事の主旨は、自治体ポイントを使った場合、紙の商品券よりも一定額を上乗せする仕組みにするという話だが、その記事の中に、
マイナンバーとひもづけされていて、利用するにはマイナンバーカードの情報を管理する「マイキープラットフォーム」を通じ、IDを登録する必要がある。
と書いてある。
 
 国が自治体ポイントにマイナンバーを紐付けるというのだ。狙いとしては、
商品券がマイナンバーとひもづくと、大量購入や転売など不適切な行為を防ぐ効果も期待できる。
ということらしい。
 
 国は今までずっとどの方面でもマイナンバーの紐付けには慎重だったのに、自治体ポイントに“さらっと”紐付けるのはどういうことなのか。
 
 これが本当ならかなりの重大事だと思うのだが、ググってもツイッター検索しても誰も特に話題にはしていない。
 
 自治体ポイントという、国民が見ていない、あまり関心を持っていない領域で“しれっと”紐付けを始めて、少しづつ既成事実を積み重ねていこう、ということなのか。
 
 十数年後に国民が文句を言ったときに、「今ごろそんな文句を言うのはおかしい。もうすでにたくさんのものがマイナンバーに紐付けられてますよ」と言うつもりなのだろうか。
 
 マイナンバーと紐付けるなら何のためのマイキーIDなのか。マイナンバーはそれ自体がIDとしての性格を持っている。
 
 十数年後に振り返ったときに、「思えばあのときが端緒だった。あのとき私たち国民がもっと声をあげておくべきだった」とならなければよいが。
 
 
【関連記事】

教育勅語は普遍性を持つか

f:id:rjutaip:20181006104122j:plain

 
 文部科学相教育勅語について肯定的に発言したのをきっかけに、ここ数日、ネットでもまた教育勅語について議論があった。
 
 教育勅語に対して否定的な意見を多く見たが、中には「教育勅語に書かれている内容は普遍性があり、良いことも書かれているのは事実なのだから、それについて議論すらできないのはおかしい」と言ってる人もいた。
 
 教育勅語に書かれている内容には「普遍性」があるのだろうか。
 
 普遍性というのは、国や地域や時代を問わずに通用する、ということだ。例えば「友達を大切にしよう」というのは、昔の日本だけではなく、外国でも現代の日本においても正しいことのはずだ、というのが、普遍性を持つということである。
 
 擁護派の意見でよくあるのは、「『一旦緩急アレバ』以降の『天皇のために戦争に行け』みたいな内容は確かに現代にそぐわないが、前半は良いこと言ってるよね」というものである。
 
 教育勅語の前半部分は普遍性を持つ、と言うのである。
 
 その前半で説かれているのは、「親孝行しよう」「きょうだいは仲良くしよう」「夫婦は睦まじくしよう」「友達は信じ合おう」というようなことである。たしかに正しいことのように思えるし、間違ったことは言ってないように見える。
 
 しかし、これが「普遍性」を持つか、となると、なかなかそうは言えないのである。それは教育勅語というのは上記の四つのことを大切なこととして“選んで”いるからである。
 
 大切なことというのは他にもいっぱいある。
 
 その四つではなくて「負けないこと、投げ出さないこと、逃げ出さないこと、信じ抜くこと」の四つが一番大事だと言う人もいる。
 
 そういう人を前にして、親孝行をすることが大事だ、と言うのは、これは一つの思想なのである。
 
 世の中には「そんなことよりもっと大事なことがあるだろう」と言う人はたくさんいる。
 
 「よーく考えよー。お金は大事だよー」と言う人もいる。「お金かよって馬鹿にしたり、お金を汚いもののように言う人がいますけど、お金って大事なんですよ。世の中の大抵の問題はお金で解決できると思うんです。お金が無いから人は不幸になり、お金があれば幸せになるんですよ」と。
 
 その人が教育勅語を書いていたら、「きょうだいは仲良くしよう」なんて文言は削られて、替わりに「お金を大事にしよう」と書かれていたかもしれない。
 
 「皆、なんだかんだ言うけど、やっぱり健康が一番! 健康な体があってこそだよ」と言う人もいる。
 
 だったら、教育勅語には「みんなで健康になろう」と書かれるべきだ。
 
 「私、やっぱり『ありがとう』っていう感謝の心を持つことが一番大切なことじゃないかと思うんですよね」と言う人にはけっこう出会う。
 
 「いやいや、平和が一番大切でしょ」と言う人もいる。
 
 「親孝行」とか「友達を大切にしよう」とか、国や時代を越えて当然に大事なことだと思いそうになるが、国や時代によっては「そんなことよりもっとずっと大事なことがある」と考える人はたくさんいるのである。
 
 それらのたくさんの考えや意見を、言わば“押し退けて”、教育勅語では「親、夫婦、きょうだい、友達は仲良くしよう」という考えを、それが一番大事だ、という思想を掲げているのである。
 
 その点で、教育勅語は思ってるよりも普遍性を持っていない、と言えるのである。
 
 「親、夫婦、きょうだい、友達」というのは孟子の五倫から来ている。明治時代は武士の世ではないので五倫から「君臣」の関係が抜けた。五倫の思想からは「アレンジ」を加えてあるので、五倫の思想と教育勅語の思想はまったく同じというわけではない。
 
 だが、儒教的色彩を帯びている。これは明らかである。儒教だから即、駄目だということではない。世界には儒教的価値観とは異なる価値観で生きている人はたくさんいる。教育勅語の前半で説かれている徳目が、「世界中の誰もが当然に正しいこと、良いことだと認めるはずだ」という考えは違うのだ。教育勅語は、あくまで特定の地域、特定の時代の思想であって、そこまでの「普遍性」は持っていないのである。
 

煙草と頭の固い現実主義者たち

f:id:rjutaip:20180930215839j:plain

 
 昭和時代の愛煙家と嫌煙家の会話。
 
嫌「煙草きらい。煙たい」
 
愛「そんなこと言ってもしょうがない」
 
嫌「煙草の煙が充満している所もつらい。特にレストランとか食事する場所。食事がおいしくなくなる」
 
愛「僕もたしかに自分が吸ってない時は他人の煙草の煙は気になる」
 
嫌「喫茶店とか定食屋とかレストランとか、せめて食事処だけでも禁煙にしてほしい」
 
愛「それは無理。考えてごらん。一店だけ禁煙にしたら、客を他の店に奪われちゃうでしょ? そんなことしたら商売あがったりでしょ?」
 
嫌「じゃあ、すべての店が禁煙にすればいい」
 
愛「それは無理だよ。今、世の中の男性の九割が煙草吸ってるんだよ? 女性専門の店とか、男性客に来てもらいたくない店とかならともかく、すべての店が禁煙にしてしまったら、男性たちが外に溢れ返るよ」
 
嫌「でも、どこ行っても煙たいのが本当につらいの! 喉も痛いし」
 
愛「んー、それはかわいそうだと思うけど、まあ、我慢するしかないよね。若しくは君も煙草を吸い始めてみれば? 自分が吸い出したら周りの煙は多少、気にならなくなるかもよ?」
 
嫌「私は煙草は吸いたくない。毎日のこの煙たさが耐えられない」
 
愛「だけどそれを文句を言ってもしょうがないんだよ。僕はなるべく君の前では吸わないようにするけれども、でも、世の中は喫煙者ばかり。食事処も駅も会社も公園も道路も、どこ行っても煙草の煙からは逃れなれないよ。どうしても嫌なら煙草が無い海外の国に移住するとか…。あまり現実的ではないけど」
 
嫌「本当に耐え難いんだけど」
 
愛「まあ、慣れもあるよ。毎日、モクモクに囲まれていたらだんだん平気になってくるよ。僕もそうだったから」
 
嫌「なんでこの世から煙草は無くならないんだろう」
 
愛「それは難しいよね。人間っていう生き物はだんだん欲望の方に流れていくんだよ。世の中、きれいごとじゃないんだよ」
 
嫌「あきらめろってこと?」
 
愛「うん。あるいは、煙草を吸ってる人の風上に立つなり座るなりしてみたら? なるべく煙が自分のところに流れてこないように。もうここまで広まってしまった煙草社会はどうしようもないけど、その中でも自分なりに工夫できることってあるでしょ? マスクをするとか」
 
嫌「マスクぐらいじゃ煙は防げない。煙草のせいで、ほんとうに喉が痛いし、頭も痛くなってくるし、肺癌になりそうだし、健康を害してると思うんだけど…」
 
愛「そうやって何でも世の中のせい、他人のせいにするんじゃなくて、先ずは自分にできることからやってみようよ。最近は高性能のマスクも売ってるらしいよ? 世の中に対して文句を言ってても始まらないから、自分に何ができるかを考えてごらん」
 
 
 昭和時代にこんな会話を交わしていた嫌煙家と愛煙家の二人。もし、二十一世紀の現代の日本社会に一足飛びに連れて来られたら、どう思うだろう。
 
 「こんなに煙草を見かけないとは」と驚くに違いない。職場も禁煙。電車のホームにも煙草を吸ってる人がいない。公共の場所ではほとんど見かけない。飲食店でも皆無に近い。街なかで歩きながら吸ってる人もいない。昭和時代とは比べ物にならない。これが本当に日本なのか。
 
 でも実際に日本社会は煙草に関しては劇的な変化を遂げた。昭和時代の煙草社会のピーク時を「100」とすると、現代は「1」ぐらいだろう。実際には徐々に変化していったので、なんとなく皆「こんなものか」と騙されてきたかもしれないが、昭和のピーク時と比較したら現代は「別世界」と言っていいほどである。昭和時代には電車のホームどころか、電車の車輌内でも煙草を吸っていたという事実を、その当時生きていたはずの老人たちですら忘れてしまっている。
 
 
 最近、キャッシュレス化した中国の店で現金払いができないことにおじさんが怒っているというニュースがあった。そのニュースを見た日本人が「こういうクレーマーの言うことにいちいち耳を傾けていたら世の中は変わっていかないんだよね」と言っていた。
 
 世の中が変わっていかないのは、現金払いなど旧い方法にこだわるおじさんがいるからではない。真にイノベーションを阻害しているのは、現金払いを「時代遅れ」と決めつけ、キャッシュレス化を「時代の流れだから文句を言ってもしょうがない」と言い、理想を語る者に対して「そんなのはきれいごとだ」「そんなことできっこない」「もっと現実を見ましょう」と言う頭の固い現実主義者たちである。
 
 昭和時代にも「この世から煙草がなくなりっこない」と言っていた頭の固い現実主義者たちがいただろう。しかし、なくなった。完全にゼロになったわけではないが、昭和時代を100分の1ぐらいしか日常で煙草を見かけることはなくなった。昭和時代にあんなにも「常識」だった煙草が、今はまったく常識ではなくなってしまった。
 
 「そんなの常識」、「現実問題として」が口癖の現実主義者たちは、この煙草の事例をよくよく考えるべきである。
 
【関連記事】

手を使わずにラグビーができる可能性

f:id:rjutaip:20180929224339j:plain

 ラグビーを手を使わずにできる可能性について何年か前から考えている。
 
 「そんなことしても何のメリットもない」とか「実用的ではない」とか、そんなことは分かっている。ラグビーで手を使わなかったら不利だし、負けてしまうし、ラグビー選手はそんなことはしない。
 
 私が考えたいのは、実際にラグビー選手が手を使わないでプレーするかということではなくて、それがルール的に可能か、理屈上可能かどうか、ということだ。
 
 ラグビーはサッカーと兄弟のような関係にあるスポーツだ。知ってる人は知ってると思うが、ラグビーはサッカーから生まれた。両方とも「フットボール」だ。サッカーではゴールキーパー以外、手を使ってはいけない。ラグビーでは手を使うが足を使っていけないわけではない。しかし「フットボール」というぐらいなのだから、手を使わずにプレーすることはできるのでは?
 
 それで「手を使わずにラグビーをすることは可能か」ということをずっと考えていて、ネット上でもだいぶ調べてみたのだが、どこにも答えは書かれていなかった。そのようなことを質問してる人すらいなかった。
 
 なので、自分で調べて考えるしかない。ルールを調べたり、さまざまな文献を読んだりして研究した。以下は、その研究の全成果である。(などという大袈裟なものではないが)。
 
 相手チームに手を使わないことを強制することはできないので、自チームが手を使わないでプレーできる可能性を考えてみよう。
 
【前進方法について】
 まず前進方法。これはボールを持って走らなくても、キックで前に進むことができる。サッカーのようにずっと足で蹴ってボールを前に転がして行けばいい。
 
【得点方法について】
 次に考えなければいけないのが得点方法である。ペナルティゴールなら足でボールを蹴るだけで得点できる。あとはドロップゴールもある。バウンドしたボールを蹴ってゴールが決まれば得点できる。
 
【トライについて】
 そして問題のトライだが、これも手を使わずにできる。まず、足で蹴り進めたボールをインゴールエリア内に入れる。それから前方に倒れ込んで胸でボールを地面に押さえつける。これでトライである。トライは「首から下の上半身でボールを地面に押さえつける」こととされているので、手ではなくても胸や腹で押さえつけてもトライは取れる。もちろんトライ後のゴールキックも足でできる。
 
 というわけで、前進と得点ができるなら、手を使わないでプレーできそうである。
 
【防御について】
 ラグビーの防御の基本はタックルだが、これも手を使わないことは可能だと思う。手を出さずに肩でタックルするのだ。普通のタックルでも首から肩の辺りが相手選手にぶつかっていると思うので、手を出さずに肩でぶつかっていけないことはないと思う。その他の防御方法としては、手を後ろに組んで胸で体当たり。これも反則にはならないのではないか。あとは、相手の進路に立ち塞がる。手は後ろに組んで。相手の進路を邪魔するだけなので弱い防御方法ではあるが、防御と言えば防御である。
 
スクラムについて】
 スクラムを組む時にはどうしても手を使う。手を使わなければスクラムは組めない。スクラムを選択しないという方法もあるが、相手チームがスクラムを選択したらこちらもスクラムを組まなければならない。
 
 だが、今話している「手を使わずに」というのは、「手でボールに触れずに」という意味だ。だからスクラムで仲間の体に触れることは構わない。となると、ちょっと戻って、タックルもボールに直接触れているわけではないので問題ないこととしよう。
 
スローインについて】
 スローインは ”throw” と言うぐらいだから、手を使わなければできなさそうである。だが、投げ入れる選手はゲームエリアの外にいるのでセーフなのではないか。受け取る側は、もちろん自チームの選手が受け取らなければいいだけである。
 
【試合開始方法(キックオフ)について】
  だが。
 
 突き詰めて考えていくと、どうしても残るところがある。それは試合開始のキックオフである。
 
 キックオフは一般に手で持ったボールを地面にバウンドさせて、それを蹴ることによって試合を始める。蹴る前はゲームはまだ始まっていないので、その時点では手で持っていてもいいのでは、と思ったが、審判が笛を吹いた瞬間にゲームは始まっている。つまりインプレーである。なので、審判が笛を吹いた後、ボールを手放して地面に落とすまでのほんの一瞬のあいだ、手を使ってしまっていることになる。
 
 しかしこれも、よくよくルールを読んでみると、一回地面にバウンドさせて跳ね返ったボールを蹴ればいい、ということらしいので、最初に手で持っている必要はない。
 
 つまり、ゲームの開始方法はこうだ。まずコイントスをする。ここで負けて相手ボールで開始になれば悩むことはない。自軍ボールで開始になってしまった場合はまず審判からボールを手で受け取る。この時はまだゲーム開始前なので手を使っても大丈夫。それから、頭を左右どちらかに傾けて頭または顔の一部と肩のあいだでボールを挟んで固定する。その状態で審判の笛を待つ。ゲーム開始の合図の笛が鳴ったら、その頭と肩のあいだに挟んだボールを少し勢いをつけて前方に落とす。地面にバウンドして跳ね返ったボールを蹴る。これで、手を使わないでゲームを開始できる。
 
【まとめ】
  以上が、手を使わないでラグビーをする方法である。
 
 今回、これを書くにあたってラグビーのルールを一生懸命勉強したが、ラグビーのルールは奥が深く、とても難しいことが分かった。
 
 ラグビーのルールには曖昧なところが多く明文化されていない点もたくさんあり、そもそも「紳士的な精神」をプレーに求められるのでルール違反ではなくても笛を吹かれる可能性がある。
 
 頭と肩で本当にラグビーボールを挟めるのかどうかも実験していないので分からない。
 
 上記の方法を実行すれば、どんなに強いチームでも敗北必至だが、「手を使わずにラグビーができるか」を考える過程で、ラグビーのルールについていろいろ学べたのはよかった。
 
 しかし何か大きなルール誤認がありそうな気もするので、ラグビー経験者、若しくはラグビーのルールに詳しい人は教えてもらえるとありがたいです。