漸近龍吟録

反便利、反インターネット的

連休嫌いの理由

f:id:rjutaip:20190307073553j:plain

 

連休嫌い≠休日嫌い

 昔から連休が嫌いである。
 
 「連休が嫌い」と言うと不思議そうな顔をして「働くのが好きなの?」と言う人もいる。私は連休が嫌いなのであって休日が嫌いなわけではない。
 
 「連休嫌い」が理解できない人々に、今日は連休嫌いな私がその理由を説明しようと思う。
 

連休の裏には連勤がある 

 連休の裏には連勤(れんきん)がある。これは連休嫌いの理由の中でも最大の理由である。連勤が苦手なのである。土日の2連休の裏には月〜金の5連勤がある。土日月の3連休の裏には火〜金の4連勤がある。
 
 1年を通じての総休日数が無限に増えていかないかぎり、少なくとも1年間の休日数が決まっているなら、休日を固めたら、その裏には長い連勤ができる。
 

連休を究極に長くすると

 世の中には、私と反対の「連休好き」な人たちがいる。
 
 「5連休にしてほしい」、「7連休にしてほしい」、「どうせなら真ん中の日も休みにして11連休にしてほしい」。こう言う人は多い。
 
 もし「あなたの来年の休みは1年365日の約半分にあたる181日です。しかも年給は今まで通りです」と言われたとしたらうれしい?
 
 「181日も休みがあるなんて!給料そのままで?超うれしい!」と思う?
 
 私は思わない。
 
 その1年の半分にあたる休みが固まっていたら?1月から6月まではずっと休みで、7月から12月までは土日も含め1日の休みもないとしたら?
 
 私はそんなのは絶対に嫌だ。
 

弱者にとっては連勤はきつい

 弱者は持久力がない。体力面でも精神面でも。
 
 持久力がないので連勤はきつく、こまめな休みがほしいのである。
 

プールの喩え

 プールの授業で25メートルプールを端から端まで一方通行で次々に泳ぐ授業がある。飛び込んで反対の端まで泳いだらプールから上がって、プールサイドを歩いてまたスタート地点まで戻る。
 
 弱者は泳げないと言ってもけっして「泳ぎができない」わけではない。クロールの綺麗なフォームも息継ぎもできるが、肺活量が少なすぎて泳いでいる途中に酸素が足りなくなって苦しくなるのである。
 
 だから15メートル地点に一箇所、あるいは10メートル地点と20メートル地点の二箇所に、立って息を吸うポイントを設けてほしいのだ。現状では「途中で立ったら後ろの人がつかえて迷惑だろ」と言われる。
 
 しかしとても息が苦しい。
 
 なんとか25メートル地点まで辿り着いてふらふらになっている弱者を見て、「だいじょうぶ?なんだかすごく苦しそう。少しここに座って休憩したら?」と言ってプールサイドのベンチで休むように促してくれる心優しい人もいる。
 
 だが!
 
 この「プールサイドのベンチ休憩」こそ「連休」なのである。
 
 弱者は肺活量が無さすぎて息継ぎぐらいでは全然酸素が足りない。まるで25メートル間、息を止めて泳いでいるようなのだ。だが、25メートル地点に達して一旦プールから上がったら、もう息はじゅうぶんに吸えるので、もう大丈夫なのである。スタート地点に戻るためにプールサイドを歩いている間にいくらでも酸素が吸える。
 
 強者の人たちはここを解っていない。プールサイドのベンチに座って休憩、なんていう長い休憩は要らないのだ。もう充分酸素は吸えているから大丈夫なのだ。
 
 「有給休暇つかって一週間くらい夏休み取りなよー。たまにはゆっくり休んで羽伸ばしなよー」が「プールサイドのベンチに座って暫く休んでいたら?」に当たる。必要なのは長い休憩ではなく、プールの15メートル地点での小休憩である。そこで立って一回息が吸えるだけでずいぶん楽になるのだ。
 
 水曜日を休みに。これが持久力の無い弱者たちが望んでいることだ。月曜日から2日働いたら1日休み、また木曜日から2日働いたら、また休み。最長で2連勤。それでは休み過ぎだと言うなら、土曜日を平日にしてでも水曜日を休みにしてほしい。
 

休みは長さよりも回数

 土日の2連休なんて要らない。休みは1日でいい。日曜日と水曜日が休みだったら週に2回休みがあることになる。
 
 だが、土曜日と日曜日だったら、週に「いーっかい(1回)」の休みがあるだけである。これが土日月の3連休でも「いーーっかい(1回)」。4連休でも「いーーーっかい(1回)」である。10連休でも長めの1回の休みである。
 
 弱者にとって大切なのは、休みの長さではなく、回数なのである。
 

連休という強者の論理

 日本には連休がいっぱいある。ハッピーマンデー法による土日月の3連休。ゴールデンウィーク、年末年始。
 
「連休がなかったら海外旅行とか行けないじゃないか」
 
 経済力や体力がある強者なら、そう言うだろう。
 
 弱者にとっては連休というのは、なんとなくだらーっとして終わりである。込んでいるところに出かける体力も経済力もない。だらけてしまうので逆に体調も崩しやすい。
 
 会社だけではない。例えば学校でいじめられている子どもたちにとって、週の真ん中に休みがあることで、どんなに気持ちが楽になることか。彼らは息を止めて学校に行ってるのである。水曜日に息ができればだいぶ違う。
 
 連休なんか作ったら、連休明けに学校に行くのがとても怖くなる。連休が長ければ長いほど、休みの生活に慣れてしまって連休明けの登校の難易度が上がる。
 
 今の、なんでもかんでも連休にしたがる休日の在り方は、強者の論理である。強者たちは月〜金で働いても、少し疲れた、くらいにしか思わないかもしれないが、弱者たちにとっては月〜金の5日間ものあいだ、息を止めてるに等しいのである。
 
 強者たちが強者の論理で休日を決めるのは、やめるべきだ。
 
 そもそも強者たちは体力的にも経済的にも力があるのだから、自分たちで銘々勝手に好きな時に休みを取るべきで、国民全員に自分たちの都合を強いるべきではない。法律で決める休みは、弱者たちを助ける方向になるように決められるべきである。
 
 月〜金の5連勤は長すぎると感じる。現代の人たちは「生まれたときからそうだった」から、この平日と休日の在り方に疑問を抱くことができない。「そういうもの」だと思い込んでいる。「25メートルぐらいは一気に泳ぎたい」と思う強者たちもいるだろうが、それは各自が適宜工夫してそのように泳げばいいことだ。
 
 10連休などというふざけた大連休で、公的機関や病院などが一斉に長期にわたって閉まってしまうと、真っ先にやられていくのは弱者たちなのだ。
 
 
(10年前にもほぼ同じようなことを書いていました↓)
【関連記事】

校舎建て替え問題

f:id:rjutaip:20190305091927j:plain

 
 以前も書いた経済学者が「一回性」を理解していない、という話。私はこれを学校の「校舎建て替え問題」と言っている。
 
 校舎の建て替え問題には、この「一回性」の問題がよく表れている。
 
 先生や職員等大人たちはその学校で長く働くから校舎が新ピカの物に建て替わるのは嬉しい。
 
 だが、生徒は違う。たったの三年間しか在籍しない生徒は、自分が学校に通っていた期間はずっとプレハブの仮校舎だったという世代がある。
 
 一人の生徒の例外的な件ではない、というところがポイントである。ある一人の生徒のレアケースということではなく、ある世代がまるまる「プレハブ暮らし」を余儀なくされているのである。
 
 経済学者だけではない。日本人はほとんどすべての人が、こういうことは「しょうがない」ことだと考えている。「そんなことに文句を言ってたらずっと校舎を建て替えられないだろ!」、「それじゃあ、永遠にオンボロ校舎でいなきゃいけないじゃないか!」と。
 
 こういうことを校舎の建て替えに伴う「しょうがないこと」としてしか捉えられないところに問題がある。
 
 しかもこの問題が悪質なのは、「校舎が老朽化して危ないんです!子どもたちの安全を守るためなんです!」と言って、「子どもたちのため」を強調して行われることだ。教職員の大人たちの「校舎が新ピカになるのがうれしい」という気持ち、理事長の「校舎が綺麗になったら入学志願者が増えて私の懐が潤うのがうれしい」という気持ちが見事に秘匿されている。
 
 「子どもたちのため」と言うが、「子どもたち」とはいったい誰のことなのか。旧校舎を取り壊してから新校舎の建設が完了するのに三年かかったとする。その間の三年間はプレハブの仮校舎。新校舎に入る学年の子どもたちは、耐久性のしっかりした校舎で身の安全が守られるだろう。だが、ちょうどプレハブの三年間に在籍していた学年の子どもたちの安全は守られるのか?その学年は、学校に在学していた三年間、夏は異常に暑く冬は異常に寒い校舎で、身の安全も守られず、ただただ工事の音がうるさかっただけではないのか。工事に伴うさまざまな不便や騒音に三年間も耐え忍んだ暁にやっと建った新ピカの校舎を享受できるのは、自分たちが卒業した後の下の学年の人たちなのだ。
 
 「改革にある程度の痛みを伴うのはしかたない」と言うが、痛みを耐えていた人たちと改革後の新しさを享受している人たちが別ではないか。
 
 人類の進歩と人間の人生の一回性の問題をどう解決するか。両者を包摂したうえで総合的により良い道は何なのか、という模索の仕方にすら、まだ誰も至っていない。
 
 人間たちの頭の中は「しょうがない」という常識に捉われてストップしている段階だ。
 
 
【関連記事】

根強い日本人のオフライン思考

f:id:rjutaip:20190227200050j:plain

 
 なぜか日本人はとてもオフライン思考の人が多い。
 
 最近、「なんとかペイ」が乱立してきているおかげで、「いったいどれを選べばいいんだ?」というような話をしている人がたくさんいる。
 
 だが、みんなオフラインの話をしている。だれもオンライン決済の話をしない。サービスを提供する側も享受する側もオフラインシーンをのみ想定して話をしている。そして「FeliCaのほうが反応速度が速い」とか「QRコード決済のほうが導入コストが安い」などと言っている。
 
 日本は外国(たとえば中国)を見て焦りを感じてQRコード決済を普及させましょうと言い始めたようだが、中国にしろ他の国にしろ、先ずはオンライン決済があって、そのついでにQRコード決済でも始めましょうか、という順番で来ているのだが、日本ではだれもオンライン決済の部分に関心を示す人はいない。これは消費者側だけでなく、日本のサービス提供企業側でもオンライン決済に対する関心は低い。
 
 キャッシュレス化の話になると、「日本人に根強い現金志向」と言う人が多いが、私は、日本人に根強いのは現金志向ではなくオフライン志向(思考)だと思う。
 
 マイナンバーカードにしてもそうだ。私はマイナンバーカードというものはオンラインを主眼にして作られて「ついでにオフラインでも使えますよ」という性格のものだと思っていたが、みんなは「券面にマイナンバーが書かれているのが嫌だ」とかオフラインの話ばかりしている。
 
 たまにマイナンバーカードを擁護している人がいても、「コンビニのコピー機で住民票の写しを取得できるから便利」と言っているだけだ。それは結局、紙ベースの思考だ。コピー機から出てくるのは紙なのだから。
 
 私は何年か前に「公共料金はなぜオンラインで支払えないのか」という記事を書いた。最近では漸く、少しづつオンラインで支払えるところも出てきたが、抑々、大半の日本人はこういう疑問すら抱かない。私はその記事を書く前に「公共料金_オンライン_支払えない_理由」などでいろいろ検索してみたが、一人もそのような疑問を発している人すら見つけることができなかった。
 
 注意したいのは、日本人はけっしてデジタル化に関心がないわけではない、ということだ。
 
 たとえば「お薬手帳をデジタル化してほしい」と言ってる人は何人も見聞きしたことがある。で、そのデジタル化されたお薬手帳を端末の画面に表示させた状態で、相手のところまで歩いて持って行って見せるのが日本流なのだ。
 
 将来、日本の役所の申請書は電子ペーパーになってスタイラスペンで書き込むようになったり。おそらく、その電子ペーパーは超高画質で反応速度も速い。日本人はそういうところには力を注ぐ。だが、役所まで出向くことは変わらないのだ。
 
 ちょうど、こういうニュースがあった。
 
 デジタル化とオンライン化の区別がついてない人も多いように思われる。政府が進めている「デジタルガバメント構想」も「オンラインガバメント」に名前を変えてはどうか。そうしないとこの国ではオフラインのデジタル化ばかりが進行し、また数十年後には諸外国から「クレイジーなデジタルガラパゴス日本」と言われるようになるだろう。「日本は日本のやり方で行くんだ。外国からの評価なんか気にしない」と我が道を行く覚悟なら話は別だが。
 
 
【関連記事】

Suicaを持たない人と日本人の奴隷根性

f:id:rjutaip:20190226221701j:plain

 
Suicaを持ってない人ってなんなの?」
 
 首都圏でときどき聞く台詞である。
 
 田舎に住んでる人にはピンとこないかもしれないが、首都圏でSuicaを持ってないということは、田舎で自動車や運転免許を持ってない、というに等しい。生活必需品を持たないで生活している人、ということだ。
 
 東京で暮らし、毎日電車(JR)に乗っているのにSuicaを持っていない。
 
 そういう人に対して、
「なんでSuica持ってないの?」
Suicaを持たない理由は?」
と言う人は多い。
 
 理由に興味を持つだけならよいのだが、そこから行き過ぎて、
「いまどきSuicaを持ってない奴って何なの?」
「周りに迷惑かけてるのが分からないの?」
と言う人がいる。ネットでもリアルでも時々見かける。
 
 「迷惑をかけてる」と言うのは、例えば5人グループで電車に乗る時に、一人だけSuicaを持ってない人は改札を通る前に切符を買いに行くので、他の4人は待たされる、ということだ。
 
「みんな貴方を待ってるんだよ?」
「なんでSuica持ってないの?」
「迷惑かけてることに気付かない?」
 
 Suicaを持ってる人は例えば5秒で改札を通過できる。持ってない人は、券売機のところまで行って財布から小銭を取り出して投入して切符が出てくるのを待って手にしてから改札まで戻ってくる。通過するのに40秒くらいかかるとしよう。
 
 するとSuicaを使ってさっさと改札を通過してる4人はその1人のために35秒間も待たされることになる。券売機に人が並んでいるときはもっと1分、2分も時間がかかることもある。
 
 なるほど、Suicaを持ってる人と持ってない人とで、改札の通過時間に大きな差ができている。グループで行動している時にたしかにこれは不便なことかもしれない。
 
 だが!
 
 そのようにしたのはJRである。
 
 なぜ、その文句をJRに向かって言わないのか。
 
 私は「待たされて不便だ」という気持ちを理解できないわけではない。で、その不満をなぜJRにぶつけないのか。なぜSuicaを持たない人にぶつけるのか。
 
 私がそのように問うと、大抵の人は「だってJRに文句を言ってもしょうがない」と言う。「自分ひとりが文句を言ったところでJRの仕組みを変えられるわけではないから」と考えている。
 
 日本人は「長いものには巻かれろ」で、大手に対しては従順で何も文句を言わない。そしてその代わりに、弱い一人に向かって文句を言う。
 
 今回はSuicaの例で書いたが、他の事でも大抵、そのような仕組み・状況を作った大元には何も文句を言わず、弱い個人を責める人は多い。
 
 こういう日本人の骨の髄まで染み込んでいる奴隷根性はなんとかならないものか。
 
【関連記事】

都会と都心の違い

f:id:rjutaip:20190225220037j:plain

 
 「都会」という言葉と「都心」という言葉をあまり区別せずに同じような意味で使ってる人が多い。
 
 少し気になるので、東京人の私が「都会」と「都心」の違いを書こうと思う。
 

都会とは

 都会とは、たくさんの人が集まり、交通至便であり、高層ビルが立ち、そこに行けば欲しい物はだいたい揃う、とにかく便利な街である。
 
 東京では、新宿、池袋、渋谷のような街である。
 

都心とは

 都心とは、東京で言えば中心部に近い街が都心である。東京の中心部とはどこかと言うと、皇居である。皇居に近ければ近いほど都心である。
 
 麹町や麻布などは都心の街である。 
 

都会と都心の対義語

 都会の対義語は「田舎」である。
 
 都心の対義語は「郊外」または「地方」である。
 
 皇居からの距離が遠くなればなるほど郊外である。
 

都心の街は不便

 例えば、麻布出身の芸能人などが「都会出身」と言われてるのは違和感を感じる。
 
 麻布には何もない。電車の便も不便だし、高層ビルもデパートもない。沢山の人でごった返しているわけでもない。麻布の街には高級な住宅しかない。麹町や高輪や白金などの街も同じである。
 
 だが、間違いなく都心ではある。麻布を都心と言わなかったからどこを都心と言えばいいのか、という感じである。都心の街は基本的には不便である。電車の便も悪いし、大型商業施設も少ないし、普段の買い物も不便である。
 

都心ではあるが都会ではない街の例

赤坂、麻布、広尾、市ヶ谷、神楽坂、四谷、湯島、小石川、本郷、麹町、銀座、日本橋、等々。
(銀座や日本橋は昔の都会であり、今の都会ではない。都心に分類されるのが適当と思う)
 

都会ではあるが都心ではない街の例

池袋、渋谷、西新宿(新宿駅西口)
 

都心でも都会でもある街の例

新宿(新宿駅東口)
 
 
【関連記事】

(ビットコイン)vs. ウィキリークス

f:id:rjutaip:20190221211000j:plain

 

 先日、(ビットコイン)とウィキリークスが喧嘩しているのを通りすがりに目にした。

 
 お互いに「fabricate(嘘つきだ)」と言い合っている。これ自体は小さな言い争いであり、喧嘩というほどのことではないかもしれない。
 
 (ビットコイン)の方は括弧書きである。
 
 この小さな言い争いがヒートアップして大喧嘩になったら、どうだろう。
 
 もし、ビットコインウィキリークスが正面切って喧嘩することになったら、どっちが勝つだろう。情報戦ならウィキリークスが勝ちそうだが、財力とマンパワーならビットコインが勝ちそうだ。
 
 だが、ビットコインウィキリークスは本来喧嘩するような仲ではなく、同じ系統の仲間だと考えられている。いわゆる「サイファーパンクな人たちが好むもの」である。ビットコインを投機の対象として見ている人は別として、ビットコインが好きな人はウィキリークスも好きな人が多い。
 
 例えば昨年亡くなった米国の著作家でありサイファーパンクの中心人物であったティム・メイはウィキリークスビットコインの両方に多大な影響を与えた。つまり、この二つは片方が好きならもう片方も好き、という人が多い。ウィキリークスジュリアン・アサンジサイファーパンクの出身だし、クレイグ・ライトも昔はサイファーパンクにいた。
 
 国・政府を必ずしも信用していない人たちに好まれて広がっていった。そして時には国に対抗する手段になり得る。なので、この両者は「兄弟」とまではいかなくても「いとこ」ぐらいの関係であると言える。
 
 ツイッター上でウィキリークスと喧嘩をしていたのは、自称「サトシ・ナカモト」のクレイグ・ライトである。ビットコインが喧嘩をしていたわけではないので、ビットコインの方は括弧書きなのである。
  
 私が面白いと思うのは、クレイグ・ライトとジュリアン・アサンジは、ともにオーストラリア人で1年と違わずに生まれたほぼ同い年の男性だということである。世界を大きく変える力を持ったウィキリークスと(ビットコイン)の創設者が同じ国でほぼ同い年に生まれた男同士だというのはおもしろい。もっともクレイグ・ライトの方は自称だが。
 
 ウィキリークスは嘘が嫌い。だからお得意の情報力を使ってクレイグ・ライトの嘘を暴き立てている。ビットコインの方はビットコインの方で「改竄不能」を謳っているので嘘はつけないはずなのだが、それはブロックチェーン上の話であって「ブロックチェーンの生みの親」の部分はごまかすことができる。
 
 ウィキリークスの方はある程度、方向性が定まっているが、ビットコインはまだ不定だ。
 
 ビットコインは今のところ、日本をはじめ世界の多くの国々で、法律や規制によって従来の枠組みに収まりつつある。もっともそこで国の秩序に則って規定されていくのはビットコインSV(BSV)ではなく、ビットコイン(BTC)だが。
 
 クレイグ・ライトの、すべてを自分の掌中に収めていこうという姿勢はビットコインのdecentralizedな思想に強く反する。そして最近の過激な言動は注意を要する。「自称の男だ」と言って一笑に付していられる間はいいが、これ以上影響力が大きくなりすぎると、ビットコインというシステムの脆弱点、不安定要素になる。
 
 ビットコインは今後、“サトシ・ナカモト”への向き合い方をあらためて問われるかもしれない。あるいはもうすでに問われているかもしれない。
 
 
【関連記事】

マイナンバーカードの普及にはスマホへの格納が欠かせない

f:id:rjutaip:20190214213318j:plain

 マイナンバーカードの交付が始まってから約三年が経つ。
 
 が、まだ国民の2割にも普及していないという。
 
 国はマイナンバーカードの普及を目指しているらしいが、本気で普及を目指すならスマホへの格納は欠かせないと思う。なぜ国はマイナンバーカードをスマホに入れられるようにしないのだろう。
 
 その理由を考えてみたが、次の三つくらいだろうか。
 
 理由の一つとして考えられるのは、本人確認書類として使えなくなる、ということだろうか。顔写真がないと対面での本人証明書類としては使いづらくなる。これがマイナンバーカードをスマホに格納しない、できない要因だろうか?
 
 二つ目はセキュリティ上の問題。スマホは常時インターネットに繫がっている。
 
 三つ目は単に技術的に難しいという技術的な問題。
 
 マイナンバーカードの内、利用者証明用電子証明書スマホに格納する予定がある。
 
 先日の日経新聞によれば、2021年3月から、マイナンバーカードを保険証として使えるようになるとのこと。
 
 私は、マイナンバーカードは「一枚に集約する」という思想があったものと理解している。
 
 例えば、病院に行った時のことを考えてみよう。
 
 病院に行ったら、診察券を見せる必要がある。保険証を呈示する必要がある。お薬手帳に処方薬を記入してもらう。診療費を払う。
 
 少なくともこれだけのことをやる。
 
 最近はなぜか聞かなくなったが、マイナンバーカードにはキャッシュカードを入れるという案もあった。しかしそれをしなくても、今のスマホには「ナントカペイ」等の「お金」が入っている。診察券やお薬手帳マイナンバーカードの中に早く入れるべきだ。
 
 そしてマイナンバーカードがスマホに入れば、病院でのこの一聯の手続きはすべてスマホを翳すだけで済む。スマホだったら、わざわざ持って行く、という感覚がない。人はいつ病院にかかることになるかわからない。プラスチックのマイナンバーカードを普段から持ち歩こう、という人はあまりいないだろうが、スマホだったら常に持ち歩いている。
 

 何年ぶりかで行くことになった病院の診察券を家中引っ搔き回して探した経験のある人も多いだろう。病院の窓口で財布や鞄の中から診察券を必死で探したり。「すみません、保険証忘れちゃって…」「今日、診察券忘れちゃって…」と謝っている患者もよく見かける。

 

 で、「それらに加えて今度からはマイナンバーカードも忘れずにお持ちください」と言うのでは患者の労苦を増すばかりである。病院に来る人は体調が悪いのである。そもそも具合の悪い人にそんなにたくさんの持ち物を持って来い、という労苦を強いるべきではない。

 

 マイナンバーカードはこういうときのためのソリューションの一つではなかったのか。

 

 マイナンバーカードと医療分野の連携の話となると、「ビッグデータを活用して病気の治療に役立てる」という視点からの話ばかり聞くが、もっと病人の通院時の労苦の軽減という視点からも考えるべきである。

 

 急に病院にかからねばならなくなったとき、スマホの中に診察券も保険証もお薬手帳も入っていたら安心だ。

 
 なぜプラスチックカードなのか。
 
 「諸外国でもプラスチックカードを発行しています」と言うかもしれない。
 
 しかしそれらの先進国の共通番号制度やPKIは、20世紀だったり00年代にスタートしているのだ。日本はそれらの国々よりずっと後発なのに、どうしてプラスチックカードという前時代的な形にしているのだろう。
 
 日本がマイナンバー制度・マイナンバーカードを作るときに参考にしたオーストリアの国民ID(カード)は、論理ユニットにして特定のデバイスに依存しない形にした。モデルにしたのなら、どうしてそこを真似なかったのだろう。
 
 国がどれくらい本気でマイナンバーカードを普及させる気があるのかどうか分からないが、普及させるのであればスマホへの格納は欠かせない。
 
 SuicaもVISAも楽天Edyも、さまざまなカードはすべてスマホに入っている時代である。マイナンバーカードだけがスマホに入っていない。
 
 いまどきスマホに入らないのでは、国民にはなかなか普及しないだろう。
 
【関連記事】